ネイリスト求人に応募していろんな働き方から自分に合うものを探す

障害者雇用の取り組み

JOBS

障害者雇用の今後の動向についての予測

近年、就職活動や転職活動で最も多く使われている媒体がインターネットです。求人サイトが増え、会社説明会の応募やエントリーなどインターネット上で行われるものがほとんどです。障害者雇用に関しては、個人の障害のレベルやできる作業の差が大きくインターネットでの募集は少なかったのですが、最近では障害者雇用のための求人サイトができ、募集も多くなってきています。正社員だけでなくアルバイトや派遣業務など種類も豊富です。近年では障害者への理解が進んでおり障害者を積極採用する大手企業も増えてきています。まだまだ障害者の就職に関しては壁が大きいのが現状ですが、徐々に障害者雇用もインターネットで積極的に行われるようになると予測されます。

注意すべき点について

障害者雇用で最も大切なことは、企業側と労働者側がお互いについてしっかりと理解をすることです。障害があるということは、出来ないことや助けが必要な場合があるということです。しかしそれは障害者に限ったことではなく、健常者にも言えることです。障害者でも、個人の力や能力を最大限に発揮できるようサポートすることが重要なのです。勤務時間や仕事内容は無理のないものから少しずつ増やしていくなどサポート体制を充実させるようにしましょう。労働者は、仕事で最大限力が発揮できるよう自身の体調やできること、出来ないことを周囲に伝え理解してもらうように心がけましょう。他の職員と話し理解してもらうことで人間関係の構築ができ職場環境も明るくなります。